【プロバイダ キャンペーン】

プロバイダのキャンペーンどっちがい〜の?
TOP PAGE >

WiMAXサービスを提供してるのプロバ

WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全独自のキャンペーン特典が準備されているところもあります。例を出すと、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やテーマパーク、合わせて、温泉施設やインテリアショップ、飲食店や宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別優待価格で使用する事が出来ます。

映画や展覧会、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、幅広い方にお得感を感じて貰う事が出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なえば、月額料金の決済ごとにGMOポイントが100pt貯まります。



貰えたGMOポイントはBBウォレットで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の使用料金の支払いに利用する事が出来ます。BBウォレットの口座に現金を入れておけば、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用されます。

また、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに利用する事も出来ます。UQ WiMAXサービスを契約すると、その利便性の良さに驚かされます。
私が契約後に思ったのが、速度制限が厳し過ぎないと言うところです。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、帯域制限でイライラする事が無くなりました。



UQ WiMAXにも通信制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルじゃ無くなるのです。


WiMAXを利用していて思うメリットは、複数存在します。
一つ目が、無線の通信回線ですので、好きな場所からインターネットを行なう事が可能なのです。
続いて思い付くのが、無線なので、ネットの開通工事を行なう必要はありません。
なおかつ、回線工事が不要と言う事で、月々の負担額が減ると言う利点もあります。
更には、通信の規制が厳しくないと言う部分も、WiMAXが素晴らしいところと言えます。


WiMAXの端末は、どんどん高性能化されています。
特に、通信速度の改良が目立ち、今の段階で、最大の通信速度が下りで220Mbps出ます。しかしながら、最近は通信速度よりも、通信量がどれだけ達したかについて気に掛けられる傾向があるようです。

最新WiMAX機器のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されています。その理由ですが、混雑回避の為の速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。



その為、メーカーもしくはユーザーとしては、ここに対しての関心事が高まっているのです。
モバイルのインターネットサービスには、WiMAX以外にも様々なサービスがあります。具体的に言えば、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。
このサービスは確かに速度制限はありませんが、下りの最大通信速度はたった3Mbpsしか出ません。

この通信速度、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。


ですから、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比較すれば、速度制限状態が常に継続するようなものでしょう。

WiMAXには料金プランが幾つかあります。プロバイダにより異なりますが、大まかには2種類の料金プランがあります。2種類の料金プランについてですが、通常プランとギガ放題プランと言う2種類のプランがあります。
ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、思う存分通信を行なう事が出来る料金プランです。その一方、通常プランは安いですが、速度制限の規制が厳しくなるので、そこは注意しましょう。自分が1ヵ月でどれくらいの通信を行なうか照らし合わせて、一つだけ料金プランを選ぶようにしましょう。


WiMAXサービスの契約の期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本で、契約期間内に解約手続きを行った場合は契約解除料が別途掛かってしまいます。スタートからの13ヵ月間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の間の契約解除料は14000円、26ヵ月目以降の契約解除料は9500円になります。



ついでに、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料の設定金額はハードになっていて、始めの25ヵ月間の契約解除料は24800円、26ヵ月目以降の契約解除料としては9500円となります。
ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合だと契約20日以内の解約に対して契約解除料が請求されませんので、単純に厳しいとも言い切れません。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXには、通常は3種類のプランがあります。


28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランや、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。その他、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。



不定期に、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランが登場する事もありますが、こちらはいつもある料金プランではありません。


WiMAXサービスのプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの多さも評判な理由です。

だけども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな要因は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。



尚且つ、保証体制もしっかりしているので、そう言った点が人気を支える大きな部分となっているのです。

WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの

WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言うプロバイダがあります。



このプロバイダが運営するWiMAXサービスなのですが、1年間分のセキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
このセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。



本来は月額500円のサービスですから、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約をすれば、月額料金の支払いを行なうごとにGMOポイントが100pt貰えます。

貰えたGMOポイントはBBウォレットと言うサービスで100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が可能です。BBウォレットの口座に現金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いとして使用されます。その上、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりに使用出来たり、クーポンサイトのくまポンで現金代わりに使用する事も出来ます。

WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダは、通常3種類のプランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランや、月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。また、ギガ放題プランを2年間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。臨時的に、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、こちらはいつもラインナップされている料金プランと言う訳ではありません。

WiMAXサービスの醍醐味は、速度制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。他社のモバイルインターネットサービスなら、通信制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。大丈夫な事と言うと、5分くらいの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?そんな中で、WiMAXならば堂々と映画が観れますし、一日中インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

WiMAXサービスと契約を行う時、様々なキャンペーンサービスが付いています。特に便利なのが、公衆無線LANサービスです。UQ WiMAXだとUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。
どのプロバイダと契約を行っても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスです。

それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う充電用台座が別に売られていて、値段としては大体3000円ほどします。


このクレードルの必要性が気になる人もいるかと思われますが、基本的にはクレードルはなくてもWiMAXを使用する事が可能です。



かと言って、クレードルがある事でイーサーネットポートを利用する事が出来ますので、LANケーブルを使ったAPモードやルータモードが利用する事が可能になります。更には、常にWiMAX端末を満充電の状態で維持する事が出来ますから、いつも外に持ち出す事が出来るようになります。BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なうと、二種類あるキャッシュバック特典から好きな方を選ぶ事が出来ます。一つ目のキャッシュバックキャンペーンが契約12ヵ月目に手続き開始になる現金でのキャッシュバックで、もう一方が24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントを使ったキャッシュバックです。

Gポイントの方が貰える金額が少し多く、早い段階から受け取れるのに合わせて、貰い損ねてしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。


GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに利用出来ますし、楽天ポイントやnanacoポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。
Speed Wi-Fi NEXT W01はキャリアアグリゲーションを搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応しているエリアが拡大しています。


加えて、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広大な地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。当然の事、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルに対応していて、充電しながらの通信にも対応してます。



WiMAXサービスの中において、一番サポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、トラブル時のフォローも最も迅速かつ的確で、電話サポートの受付け時間も一番長いです。しかし、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店と契約をすると言う手段もあります。



代理店ならキャンペーン特典がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。


WiMAXを購入すると、WiMAX機器しか使わないので、部屋がさっぱりします。


光回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をLANケーブルで結ぶ必要性があります。モデムは毎月レンタル料が必要で、月々の使用料金に上乗せされます。加えて、モデムに無線カードを差し込むと言う方法もありますけど、無線カードを使用する場合はレンタル料金を請求されてしまいます。

WiMAX通信機は通常価格が20000円

WiMAX通信機は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセット販売で22750円もします。
それなりの金額となりますので、WiMAX導入の際の負担になってしまいます。
そこで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントキャンペーンを行っています。

プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますから、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。



WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常は3種類の料金プランが存在します。



28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランや、月額料金の安い通常プランである月額割引プラン。
他にも、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。時たま、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランではありません。


大容量通信を行なう方向けのモバイルインターネットサービスとして流行ったWiMAXではありますが、通信のし過ぎには注意しましょう。
他のモバイルインターネットサービスと比較すると、WiMAXの速度制限は厳しくありません。かと言って、速度制限が適用されるケースもありますから、通信し放題だと勘違いしないようにしたいものです。けれども、速度制限の対象内となった場合にも、動画を観たり、インターネットをしたりする位は出来ます。WiMAXサービスを展開するプロバイダは、複数あります。


それぞれのプロバイダでキャンペーン特典が異なりますので、そう言った部分で、気を付けた方が良いです。
例を出すと、出来るだけ安い月額料金でWiMAXを使いたいのであるのならば、Racoupon WiMAXがお勧めのプロバイダと言う事になります。

こういった様に、各キャンペーンでお得感は違いますので、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元となるのは、auの子会社になるUQコミュニケーションズなのです。
って事で、auと連携したサービスがいくつか存在します。



そんなの中でも代表的なのが、auスマートバリューmineと言えます。WiMAXの契約を行った後にauショップで手続きを行なうと、auのサービスの料金が割引きされるサービスです。

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。その理由としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからなのです。

そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。

他には、三日間の通信使用量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。WiMAXの強みは、インターネットの利用を無線通信で行なう事が出来ると言う部分があります。

無線を使うと言う事で、どこにいてもインターネットに接続する事が可能となります。それに合わせて、WiMAX機器は小型ですから、携帯性に優れています。諸々の部分を考慮すると、タブレットとの相性が抜群です。なので、WiMAXの契約の際にタブレットとのセットを購入するのも良いでしょう。



WiMAXサービスは無線を利用するインターネットサービスですので、実際に使用してみないと分からないところではあります。
そんな人にお勧めなサービスが、Try WiMAXと言う15日間利用出来るWiMAXのお試し制度です。



クレジットカードの番号の登録とアンケートに答える事が適用条件とはなりますが、契約前にWiMAXサービスを使用する事の出来る嬉しいシステムです。



サービスの利用中にUQ WiMAXからセールスの電話がありますので、そのまま申込みまで進める事も出来ます。

WiMAX端末は、日々進化を遂げています。何よりも、通信速度の改良が目立ち、現時点で、下りの最大の通信速度が220Mbpsと言うスペックに達しています。ところが、近頃は通信速度よりも、総通信量に対する注目が集まっています。
新型WiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。


と言うのも、3日間で3GB以上の通信を行った場合に適用される速度制限、これが以前と比べて厳しくなったからです。

そういう理由から、製造会社や使用者としては、ここを意識しているのです。



Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションと言う機能を搭載して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。
発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応している地域が拡大しています。合わせて、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま受け継ぎ、広大なエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

勿論の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しつつのインターネットにも対応してます。

ただいまの時刻








インターネットサービスプロバイダの行っているキャンペーンの中でも、お勧めのものをご紹介します。

Copyright (C) 2014 プロバイダのキャンペーンどっちがい〜の? All Rights Reserved.

ページの先頭へ