【プロバイダ キャンペーン】

プロバイダのキャンペーンどっちがい〜の?
TOP PAGE >

WiMAXサービスを販売するプロバイダの一

WiMAXサービスを販売するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言ったプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特色には、月額料金が安い点があります。

その分初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの人は初期費用がタダになるキャンペーンが行われています。

契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。各WiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別売りで売られていて、値段としてはおよそ3000円ほどします。


このクレードルの必要性が気になる人もいるでしょうが、基本的にはクレードルはなくてもWiMAXを利用する事が可能です。

とは言っても、クレードルがある事でイーサーネットポートを使用する事が出来ますので、LANケーブルを使ったAPモードやルータモードが使用する事が出来るようになります。

加えて、常にWiMAX端末をフル充電の状態で維持する事が出来ますから、いつでも外に持ち出す事が可能になります。

URoad-StickはUSBタイプの軽量かつコンパクトなWiMAX端末でして、持ち歩き性が良くて便利です。URoad-StickをUSBポートに接続する事によって、そこから給電しながら使用する事が出来ます。



難しい設定も行わずに使用出来ますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末になっています。
使用可能な通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出す事が可能です。nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーン対象となるWi-Fiサービスですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類になります。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。
WiMAX端末を所持してなくても使用する事が出来ますし、帯域制限も気にしなくて良いですから、凄く人気の良いサービスになってます。
BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうと、二種類のキャッシュバック特典から好きな方を選択する事が出来ます。

一つ目が契約12ヵ月目に手続き開始になる現金でのキャッシュバックで、もう一方が24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。
Gポイントの方が貰えるキャッシュバック額が少し多く、早い段階から受け取れるのに合わせて、貰い損なってしまう危険性も現金キャッシュバックより低いです。GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の使用料金の支払いに使用可能ですし、楽天ポイントやnanacoポイントや航空マイルなどの約140社のポイントに変換出来ます。WiMAXって言うインターネット通信サービスはあるのですけど、この通信サービスって、帯域制限が厳しくないところが人気の秘密です。



って事で、余裕のあるインターネットの通信環境を手にしたいのであれば、特に一押しのモバイルインターネットサービスと言えます。



帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、検討してみましょう。WiMAXのサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダが存在します。


このプロバイダが提供するWiMAXサービスなのですが、1年間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。本来は月額500円のサービスですから、6000円くらいのお得感があると言えるでしょう。
昨今のネット業界においては、結構人気のモバイルインターネットサービスが出て来ました。
持ち運ぶ事が出来ない固定回線とは違い、利便性が格段に上がります。


ですが、モバイルだとどうしても、問題無くインターネットの通信が行えるのか気になる部分はあります。



そんなイメージとは裏腹に、今のモバイルの環境は整備が整っていて、通信状況は安定しています。ですので、決してモバイルだからと、安定しないと言う事は無いです。
モバイルルーターを使ったインターネットサービスは、WiMAXの他にも様々なサービスが存在します。一つの例として、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。

確かに、ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、上下最大通信速度は3Mbps程度しか出ません。ぷららモバイルLTEの通信速度、速度制限時のWiMAXの通信速度よりも遅いです。
ですから、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比較すると、常に速度制限状態だと言えます。

WiMAXサービスの中において、一番サポート関連が充実しているのはUQ WiMAXで間違いありません。

WiMAXサービスに対する情報を一番持っていますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、電話サポートの受付け時間も最長です。
けれども、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつですから、代理店に申し込みを行なうと言う方法もあります。代理店ならキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。

それぞれのWiMAX端末にはクレード

それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別に売られていて、価格としてはおよそ3000円ほどします。このクレードルの必要性が気になる方もいるかと思われますが、基本的にはなくてもWiMAXを使用する事が可能です。

とは言っても、クレードルがある事によってイーサーネットポートを使用する事が出来ますので、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードが利用する事が出来るようになります。更には、常にWiMAX端末を満充電の状態で維持する事が出来ますので、いつも外に持ち出す事が可能になります。


周知の通りWiMAXには通信制限がありますが、そんなにハードなものではありません。

ギガ放題プランで契約すれば、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。混雑回避の為の速度制限に関しても、他のモバイルインターネットサービスの3倍の通信量を使用する事が出来ます。速度制限の時であっても、動画を観る事が出来る通信速度は維持されます。WiMAX通信専用のデータ通信機器は、次々と新しいものが発売されます。それぞれによって性能が違い、出来る事も異なります。中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売開始でしょう。

このWiMAX端末はau 4G LTEに対応していて、以前はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。
WiMAXの月額料金ですが、実際の所、契約先により料金が異なります。具体的に言うと、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が値下げされます。

これ以外には、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、契約25ヵ月目からの月額料金は高くなります。
こう言った様に、各契約先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で契約先を決めましょう。WiMAXの機器の中には、au 4G LTEと言うauの通信回線に対応しているものもあります。
au 4G LTEは人口カバー率が99%と言う通信回線で、広いゾーンで利用出来ます。

そればかりか、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますから、奥まった場所にまで電波が行き届きます。


その代わりに、一回でも使用すると月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が掛けられます。
WiMAX機器は通常の値段が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円もします。
かなりの値段となりますので、WiMAX契約の際の負担となってしまいます。
なので、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますから、そんなプロバイダを選ぶと良いです。

WiMAXサービスへの契約を考える際は、少しでもサービス内容に疑問がある事で前に進めなくなる場合があります。



お問い合わせ先の電話番号が掲載されてたとしても、押し売りされるのではと不安になります。そう言う心配を考慮して作られているのが、nifty WiMAXのキャンペーンサイトに設置されているチャットスペースです。
疑問点が湧いた時点で書き込んで送信出来、すぐに詳しいスタッフから回答を得る事が出来ます。

PEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常は3種類のプランがあります。
28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。加えて、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。



不定期に、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、タイムセールはいつもラインナップされている料金プランではありません。次世代のインターネットサービスと言う事で期待感の高まるWiMAXではあるものの、速度制限と言う通信制限がある事も考えながら使いましょう。

他社のモバイルインターネットサービスと比べ、そこまではWiMAXの速度制限は厳しくないです。

だけども、通信し過ぎると速度制限は適用されてしまいますから、ある程度気にした上でWiMAXを利用したいものです。


とは言っても、速度制限がかかった場合においても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。

WiMAXサービスと言うと、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。au 4G LTEはauの通信回線を使用し、人口カバー率が99%を超えると言う、とても受信しやすい通信回線なのです。
800MHzと言った低周波数を使うプラチナバンドで、障害物を貫通したり回り込んだりして、奥まった場所にも電波が届きやすいです。

今までのau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応しているエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡大しています。


WiMAX通信に対応した機器は何種

WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。新製品が次々と登場し、WiMAX端末のスペックは徐々に上がって行っています。



一例を挙げると、以前はWiMAX回線しか対応してなかったですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を選びながら使用可能です。他にも、通信速度の向上が目まぐるしいです。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が目まぐるしく速くなりました。

WiMAXサービスの契約を検討する際は、少しでもサービス内容に対して分からない部分がある事で前に進めなくなる事があります。お問い合わせ先の電話番号が掲載されてたとしても、押し売りされるのではと不安になってしまいます。


そんな不安に対して配慮して作られていると言うのが、nifty WiMAXのキャンペーンサイトに設置されているチャットです。疑問点が湧いた場面で入力して送信出来、即座に詳しいスタッフから返事を貰う事が出来ます。
GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約時に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額料金362円のサービスもあります。


このオプションサービスは何なのかと言えば、ワイヤアンドワイヤレス社の運営するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の運営するUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。対象となるアクセスポイントは全国10

000ヶ所以上で、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどと言った場所で利用する事が出来ます。Wi2エリアの中には別で1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した金額分はGMOポイントで還元して貰えます。


WiMAXサービスとの契約の期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本で、契約期間内に解約手続きを行った時には契約解除料が掛かってしまいます。始めの13ヵ月間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の契約解除料としては14000円で、26ヵ月目以後の契約解除料は9500円となります。ですが、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料は厳しめで、最初の25ヵ月間の契約解除料の設定金額は24800円、26ヵ月目より後の契約解除料は9500円となります。

とは言っても、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合は契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんから、単純に厳しいとは言い切れません。

WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているとこもあります。

具体例を出せば、DTI WiMAX 2+ってプロバイダの場合には、DTI Club OffってDTI会員だけの独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、日本全国にある宿泊施設やレジャー施設、そして、温泉施設やインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、色々なサービスを特別優待価格で使用する事が出来ます。



映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、色んな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。


WiMAXサービスを契約すると、その利便性の良さに驚かされます。
私が契約後に感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、速度制限のせいでイライラする状況がありません。



UQ WiMAXにも速度制限はありますが、ギガ放題プランであれば気になるレベルでは無くなるのです。

URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX端末ですから、バッテリーを内蔵していない為、使用用途は屋内使用のみに限られています。
そんな部分はありますけど、可動式の高利得アンテナが外部に取り付けられており、受信精度の良さが特徴の一つになっています。その上、一度に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線で接続する事が出来ます。また、WiMAX通信だけを利用するノーリミットモードに対応していますので、速度制限を気にせずインターネットを利用する事が可能です。


Broad WiMAXは株式会社リンクライフが運営するWiMAXサービスで、特に月額最安プランが印象的だったりします。月額最安プランの特徴を挙げるとすれば、月額料金が安い分初期費用が必要になる点にあります。


だけども、一定の条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが行われていますので、結局のところ初期費用を支払う必要が無くなります。
しかも、いつでも他のインターネットサービスへ契約を移る事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを用意しており、そのバリエーションの多さも人気の秘密です。

それだけではなく、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます。しかも、保証内容もしっかりしてるので、そう言った点が人気を支える大きな要因となっている訳です。モバイルインターネットサービスは、WiMAXの他にも色々なサービスがあります。一つの例として、速度制限を気にせず利用する事が出来るぷららモバイルLTEが存在します。確かに、ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、最大通信速度が3Mbpsほどしか出ないのです。
この通信速度ですが、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。



そんな理由から、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べれば、速度制限状態でずっとインターネットを利用するようなものです。


ただいまの時刻








インターネットサービスプロバイダの行っているキャンペーンの中でも、お勧めのものをご紹介します。

Copyright (C) 2014 プロバイダのキャンペーンどっちがい〜の? All Rights Reserved.

ページの先頭へ